国保連合会に介護給付費を請求するためのデータ

老人ホームの利用者は、所得に応じて介護費用の1~3割を負担し、残りの7~9割は介護給付費として国民健康保険団体連合会に請求されます。残りの7〜9割は介護給付費として国民健康保険団体連合会に請求される。その際、国保連合会に介護給付費を請求するためのデータが送られる。
しかし、国保連合会送信とは何か、ご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、国保連送信とは何かを紹介し、必要な手続きや市販の請求ソフトとの違いについて解説します。また、「国保中央会介護伝送ソフト」は変えたくないけど、新しい録画ソフトを導入したいという方のために、一緒に使える録画ソフトもご紹介します。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。
特養で現場勤務からその勤める施設の生活相談員になった友人が「生活相談員になって夜勤やらないから実質給料が下がったのに施設の家族面会で休日出勤ある請求業務でサービス残業ある動かないから太る」と嘆いていた「よしじゃ僕が君の生活相談員になろうか」と言うとまた友人嘆いていたスマンかった
認定調査に立ち会った介護1か要支援か微妙なケースの担当ケアマネジャーが言いがちなあるある言いやす「通院一人じゃ行けないんですよね、なのでケアマネが通院毎月介助してます(ちょっと誇り気味)」「週2日の通所リハだと・・主治医もできる限り毎日でも通いなさいと・・」「ヘルパー毎日入らないと、本当に大変なことになるんですなんとか介護度つけていただけないでしょうか(でないと会社に怒られちゃうから心の声)」
そんな方に介護給付ソフトおすすめランキングが参考になれば幸いです。