海外FXの特徴とは

海外FXの口座は、国内口座と比較して大きなレバレッジが適用されています。
国内ではレバレッジ25倍までの規制があるのですが、海外口座には規制がなく、レバレッジ1000倍などの口座も海外FXにはあったりします。
そのため、ハイリスクでハイリターンになりがちですが、少額から一攫千金が狙えるため、少ない元手でFXで儲けたいと考えてる方には向いています。
デメリットとしては、FX業者によっては、日本語対応していない可能性もあり、なにか問題が起きた時に面倒だったりします。
また、税金の仕組みも国内業者とは違うため、利益が大きくなる分だけ税金も大きく取られます。
一方の国内業者は、税金は20%と一律のため、取引と含めてのコスト面も重要になってくるのではないでしょうか。